takakoのお産 その2

c0206898_1543587.jpg


15日5時半

分娩台に上るが、形状はまだベットのまま。
お腹にモニターをつけられ、そのまま放置される。

隣の分娩室に経産婦さんがいて、
旦那さんが頑張れーって声をかけているのが聞こえ
とてつもなく切なくなる
(やっぱりtakaにはそばにいてほしかったみたい)

が、そんなこともお構いなしに
痛みが尋常じゃないくらい増してくる。

昼くらいまでには生まれるって言われてたもんだから
こんな痛みがあと6時間も続くのかと思うと
途中棄権します!って本気で思った…。

時たま確認しに助産婦さんが入ってくるが
そのまま放置(されたようにその時は感じた)

6時すぎ

隣から何回かうなり声?が聞こえ、元気な産声が!
もうこの時は辛くて辛くて、隣の人が羨ましくて仕方なかった。
この痛みから解放されたのかと思うと。

横向きの体制が我慢できなくなり、ベットの上で四つん這いに。
後から助産婦さんにモニターつけてるときは動かないでって言われるが
そんなの聞いてられません!!

ヨガの先生から「お産はとにかく呼吸だから」と言われたことを
何度も思い出し、呼吸のみを意識したな。
痛い時ほどながーく息をはくと、不思議と少し楽に。

そうこうしているうちに、なんと子宮口8cm!!!?

助産婦さんもびっくり。
慌ててお産の準備を始めてた(ような?)

7時半?

子宮口9cm。
今が一番辛いと思うけど、これがいきめるようになったら
少しは楽になりますよーって言われたが
いきめるようになってからも、同じくらい辛かった…。

助産婦さんがそばを離れようならば、
いや、私から目線を離そうならば、この世の終わりのような恐怖に襲われ。
とにかく、うなり声しかでないけれど、
そばにいてくれーーーーって祈ってたかな。

旦那さんがいない場合、実母なら分娩室に入れたんだけど
助産婦さん以外、誰もいらん!って感じで、
何度かお母さん呼んできましょうか?って聞かれたけれども
答える気力すらなし。
ママごめんね。

お尻のあたりをあたたかいアロマオイルのようなもので
マッサージしてくれたりしたのが、かなり効いた~。

8時

何かを挿入され、何回か引っ張られる感じがしたあとに破水。
じゃば~ってぬるま湯が一気に流れた感じ。

さ、これからいきみますよーって言われ横向きのままいきんでみるが
まったく力が入らず。

一般的な分娩スタイルにするため、ベットをセットしなおす。
両手でレバーを握りしめ、陣痛の度にいきんでみる。
助産婦さんからいろいろアドバイスを受け
何度かいきんだあとに、赤ちゃんがだいぶ下までおりてきましたよーとのこと。

そうなのか?と思いつつも実感なし。
とにかく早く終わらせたいって気持ちでいっぱい。
途中、先生が入ってきたので、もう生まれる??と期待したが
おはようございます~、もう少しですよ~、頑張ってください~
とだけ発して退出。がっくし…。

さらに何回かいきんでいるうちに赤ちゃんの頭が間にあるのがわかる。
とにかく痛い。痛すぎる。
痛いとうなってみるが、そうですね~って返されるだけ…。
もう逃げ場もない…。

次の陣痛では、いきまないでくださいね!
と言われたところで先生、再登場。

もう生まれますよ~って言葉よりも痛さが勝ってたかな。

頭が挟まっている痛みが本当に尋常じゃない。
早く陣痛こい!って思ってたもんだから、この間がとっても長く感じて。。

陣痛到来。

ここでいきんだら会陰部が裂けてしまうと聞いていたので
レバーから手をはなし、短い呼吸をする。
とにかく冷静に!ってずっと思ってたのが幸いしました。

少しだけ力入れてください~って言われた後、
ずるりと赤ちゃんが出た感触が。

8時43分

幸子誕生!
へその緒がついたまま、胸の上にのせてくれて。
「生まれた~」
この言葉しか出てこず。

そのあと、体重やらを計るため、幸子だけ隣の部屋へ。
とにかく元気に泣いていて、あとから隣で出産を終えてゆっくりしていた経産婦さんから
めちゃめちゃ元気な産声でしたね~って言われるくらい。

その間に、takakoは胎盤をだしてもらう。
赤ちゃんがでたときよりも、胎盤を出してもらった時の方がすっごくスッキリした!
で、先生に診察してもらい、
会陰部にかすり傷程度の傷があるから、少し縫うねと言われ、
本当はもう触ってほしくなかったが、母は我慢と思い、素直に塗ってもらう。

足などを拭いてもらい、パジャマに着替え
再び幸子が胸の上に。
さっきまで元気に泣いていた幸子が
私の胸の上で静かに抱かれているのが不思議で仕方ない。
この時はまだ実感がなかったなぁ。


続く…。
[PR]

by niisakaboo | 2010-01-06 15:18